髙柳ウィービング


COMPANY

GREETING

代表挨拶
機械と青いシャツの男性
古くから織物の産地・遠州、浜松の“織物屋さん”です。
戦後の繊維産業の隆盛期より、職人として技術を磨いていた先代が、昭和47年に創業。
それ以来着実に築き上げてきた伝統と取引先様の信頼を礎に、現在、多種多様なニーズを満たし、柔軟で機敏な織物生産に尽力しております。
織物の製織は、奥が深く糸(原材料)の品質や準備工程など些細な問題で同じものを同じ様に織ってもオートマチックに出来上がるものではありません。
だからこそ生産工場として、技術や設備の向上や品質管理を徹底し❝高品質な製品❞を納めるのはもちろん、
リスクの多い時代にお客様への報告・連絡・相談などのコミュニケーションも大切にしております。
委託生産を主体としている織物工場ですので、当ホームページに当社の製織した製品の詳細を載せることはできませんが、
発注されるお客様にとって、生産者の顔が見える、まるで『自社工場の様な安心感』をもってお付き合い頂けることが私たちの理想です。

国内で織物生産をご検討の皆様方のご一報を新しく迎えた若いスタッフ共々お待ちしております。
有限会社髙柳ウィービング 代表取締役

髙柳 悦夫 

PROFILE

会社概要
トラックと繊維工場
昭和47年

先代が静岡県浜北市中瀬(現浜松市浜北区)でシャットル織機を導入し織物工場を創業する

昭和54年

同市平口へ移転

昭和56年

今では世界標準のエアージェット織機を業界に先駆けてドビー仕様で導入(昭和55年豊田自動織機生産開始)当時、全国より多くの見学者が訪れた

昭和61年

「有限会社髙柳ウィービング」設立

平成11年

代表取締役に髙柳悦夫(昭和41年生まれ)就任

平成15年

緯糸4色自由交換エアジェット織機導入(先染め織物の受注・生産量が増加)

平成26年

RS190広幅エアジェット織機導入

平成27年

委託製造販売で染色加工場と取引し製品開発などの業務も手掛ける

平成29年

自社の生地を静岡茶で染めたオリジナルの製品開発、以降現在は商品化し販売中

   

POLICY

経営方針


自社工場の様な安心感を

  • 01

    高品質・納期厳守

    これは製造業の基本的遵守事項であると考える。
    当社ではこの方針に対し、エアージェット織機だから出来る高品質な製品をつくり、更に、高い生産性をもって、顧客の希望に合った短納期を実現することを掲げている。
  • 02

    挑戦

    他社では出来ない・やらない難易度の高い織物づくりに取り組み、顧客からの仕事の依頼に柔軟に対応する。当社では自社製品の開発を手掛け、布は自社で、加工は染色工場などに依頼をしている。その中で他工場との取り引きや手配を行い、染め物の知識を増やしていく。
    又、展示会への出展や異業種とのコラボでの商品開発により、多くの経験を積み今後の製造に還元していく。
  • 03

    顧客満足

    顧客満足度を上げる為に、ただ製品を作るだけでなく、多くの経験と知識に基づき、依頼者の相談に乗る。作り手と買い手が顔を合わせて受注することで、国内生産ならではのきめ細やかな対応、そして製品と一緒に゙自社工場の様な安心感”も提供していく。

基本情報

1.会社名

有限会社 髙柳ウィービング

2.代表者

髙柳悦夫

3.所在地

〒434-0041
静岡県浜松市浜北区平口931

4.電話番号・FAX

TEL:053-586-0766
FAX:053-571-0674

5.受付時間

平日9:00~18:00

6.設立

創業  昭和47年
法人化 昭和61年

7.事業内容

織物製造販売

8.資本金

300万円

9.取引銀行

静岡銀行 小松支店
浜松いわた信用金庫 浜北支店



お車でお越しの方

新東名浜松浜北インターチェンジより
国道152号線を南下
車で約10分


公共交通機関でお越しの場合
・東海道新幹線 浜松駅下車
・遠州鉄道鉄道線 小松駅下車
・小松駅より北へ徒歩約30分